おむつかぶれ

おむつかぶれ

赤ちゃんの肌トラブルにおむつかぶれは多いものですが、おむつかぶれは、おむつの当る部分が赤くなります 。うんちやおしっこをした後長い時間そのままにしておくと、おむつかぶれになりやすいので、こまめにおむつを取り替えておむつかぶれを防ぎます。おしっこやうんちは時間がたつとアンモニアや酵素が原因で臭ったりします。低月齢のうちは特に便の回数が多いうえにうんちもゆるく水っぽい状態なので、おむつかぶれもできやすくなっています。こまめにおむつを替えるのと、お尻を綺麗にしておくことでおむつかぶれが防げます。今はお尻拭きの良いものが市販されていますから、それを使うのもお勧めです。とにかく清潔が第一です。
おむつかぶれはおむつかぶれが酷い場合には、ステロイド軟膏や抗生物質入りの軟膏で手当をしますが、おむつかぶれによく似た症状に、カンジタ性皮膚炎があります。赤いブツブツはおむつかぶれと同じですが、カンジタ性皮膚炎の場合は、湿疹が皮膚のしわの間にも入り、湿疹の周辺が皮がむけたようになってしまいます。カンジタ性皮膚炎の場合は抗真菌剤の軟膏で手当をします。おむつかぶれだと思って、ステロイド剤を塗り続けると皮膚の抵抗力が落ち、真菌が増えて悪化するという大変なことになってしまいます。おむつかぶれが長引いたときは病院へ行くことをお勧めします。
母乳をあげているときにお母さんが糖質を摂りすぎると乳腺を詰まらせて、乳腺炎になる可能性もでてきますから気を付けてください。また、脂っこいものの摂りすぎも、赤ちゃんのウンチが泡っぽい感じのウンチになります。その状態自体はあまり問題ないのですが、油ものはおっぱいの詰まりなどに影響してきますから控えめにし、消化のしやすい母乳になるように心がけてください