お食い初め

お食い初め

赤ちゃんが離乳食を始めるとき、赤ちゃんの健やかな成長を願って、多くの家庭で「お食い初め」という儀式が行われます。お食い初めは、生後100日目、あるいは地方によっては110日目に行われるところもあります。そして、男の赤ちゃんと女の赤ちゃんでは1日ずらす地方もあります。女の赤ちゃんの方が1日早く行われたりします。これは女の子の方が成長が早いとされ、「おませさん」であることからきています。
このお食い初めの儀式は平安時代から行われてきたそうですが、やりかたも地方によって様々なやり方があります。最初に口に入れる物を、小石で食べさせる真似をする風習があります。これは、「歯固め石」と言って、石のような固い丈夫な歯になることを願っての物だそうです。祝い膳には正式には、漆塗りの高足のお膳に漆の器で、女の子には赤い器、男の子には黒い器が用意されました。そして鯛やおかしらつきの魚が用意されました。
しかし、多くはご飯や魚、お吸い物などの簡単なものを用意してお祝いをします。また、若夫婦だけの家庭ではお食い初めの儀式をやらなくなっている家庭も多いとか。それでもお食い初めに合わせて赤ちゃんの食器を揃えたりします。「どうせ赤ちゃんは食べないんだし~♪」と割り切っているパパとママも多いようです。中には母親に「どうやってやるの?」と聞いたら「え?お食い初めなんてそんなもの、あなたたちの時にもやらなかったわよ。」と言われたとか。お食い初めも家庭によって様々なようです。