離乳食・アルゲンの考え方

離乳食・アルゲンの考え方

離乳食が始まると色々注意することが出てきますが、その一つの大事な事に、「アルゲンとなるものはできるだけ遅く食べだせる」ということがあります。卵や乳製品などをあまり早く与え始めるとアレルギー体質になるリスクが高まると言われています。
アレルゲンとは、食品や、ハウスダスト、花粉、カビなどに含まれていて、体内に入るとかあるいは、接触で過剰に反応して、じんま疹や嘔吐、呼吸困難などのアレルギー症状を起こします。この特定物質をアレルゲンと呼びますが、アルゲンを含んでいる食品には、「卵」「牛乳」「大豆」あり、これを【三大アレルゲン】と呼んでいます。これらは離乳食が始まったときに一番離乳食として簡単に使えそうなのですが、実は良くなかったのです。
これらのアルゲンに反応するあかちゃんは全員というわけではありません。特定の食品に対してアレルギーを起こすのです、が症状が出なければ問題がありません。しかし、症状が出てからでは遅いですし、その時に症状が出なくてもアレルギー体質にしてしまう可能性が大きくなります。なので、これらアルゲンのあるものとか可能性のあるものは、避けたり離乳食が進んでからにします。
以前は、「卵」「牛乳」「大豆」が3大アルゲンでした。ところが今は「卵」「牛乳」「小麦」が3大アルゲンと言われるほど小麦に対するアレルギーが増えてきました。近年は小麦粉由来の化粧石鹸の問題もテレビニュースで大きく取り上げられました。赤ちゃんの離乳食でも多く使われています。そのため、小麦アレルギーの赤ちゃんが多く見られるといいます。
蕎麦やピーナツなどでアレルギー反応を起こす赤ちゃんもいます。ピーナツは赤ちゃんは食べませんが、ピーナツが入っているお菓子などがありますから注意をしてください。